新・西宮ビール文化普及委員会

アクセスカウンタ

zoom RSS 「今年も」山陰地ビールフェスタ in 米子に行ってきました!

<<   作成日時 : 2012/06/21 10:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

今年もこの季節がやってまいりました。全国で唯一(?)、平日の1日のみ開催される地ビールイベントといえば、「山陰地ビールフェスタ in 米子」であります。しかも、ここ4年ほどは「火曜日」の開催ですから、これはもう店主のためにあるイベントと言っても良いではないですか!

というわけで、今年も1か月前に日本交通の往復バスつきホテルプランを予約し、万全の態勢でこの日を迎えたのであります。朝8時40分発の米子行きに乗り、お昼に米子に到着したのは例年どおり。ゆっくりと食事をしてホテルにチェックインし、そのまま午睡に突入して夜に備えるのも、これまた例年通りであります。

午後6時半前に階下の会場前に行くと、すでに開場を待ちわびる人たちが集まっておりました。

画像


ご覧のとおり、ほとんどがスーツ姿。これも例年通り。ポロシャツにジーンズ姿の店主は浮きまくりですが、これも例年通り。近隣の方々が仕事を終えてイベントに参加するというのは、平日開催ということとともに、このイベントの特徴的なところではないかと思います。

18時半を少しまわり、開場宣言。開宴は19時ですが、それまでのあいだ、ビールのみ楽しむことができます。今年の参加ブルワリーは、山陰の2社のほか、ゲストが3社。兵庫県のKONISHI、和歌山県のナギサビール、福岡県のブルーマスターです。

画像


このイベントへの参加、4回目の店主ですから、その攻略法もわきまえております。ポイントは、開宴までの時間にある程度、「銘柄数を稼ぐ」(笑)ことです。そして、もうひとつ、ビールはグラスの半分程度にとどめておくということ。というわけで、まずはブルーマスターの3種から。

画像


これも例年通りですが、コンパクトに情報が網羅されているスタンプカード。いろいろなビールを制覇していく楽しみとともに飲んだ記録にもなる、良く考えられたとても便利なツールです。

そうこうしているうちに、時刻は19時に。山陰ブルワーズクラブ代表の久米桜麦酒・田村社長の開会のあいさつで幕開けです。しかし、あいさつそっちのけで、「大山ハムの原木カットサービス」のために行列を作る人たちが(苦笑)。

画像


そして、今回の参加ブルワリーの紹介が始まりました。もちろん、この方も。

画像


説明は省略します。


そして、恒例のバンド演奏が始まりました。今回の出演は「港町ventures」。名前から、どんなサウンドかは想像つきますね。

画像


フードは、ホテル特製の山陰の幸を中心にもりだくさん。今回参加のブルーマスターさんの地元・福岡にちなみ、もつ鍋も出されていました。もちろん、これは店主も、おさえておきましたよ。

攻略法(笑)をマスターしている店主は、早々と15種のビールをクリア。その中から印象に残ったビールをふたたび、今度はグラスいっぱいに入れていただき、フードとともに楽しむのでありました。

宴はたけなわとなり、恒例のジャンケン大会、そして抽選会が始まりました。実は、毎年15種制覇にこだわっているのは、このジャンケン大会に参加したいがためであります。この年になっても、子供心を失っていない店主なのでした。毎年、早々と負けて退散してしまう店主ですが、今年は、最後まで勝ち抜きました。そして、見事、賞品をゲット!

画像


米子全日空ホテルのランチバイキング無料券です。でも、やはり期限がありますよね。見たら11月末でした。さすがに今年、もう一度米子に来る予定はありません。「山陰地ビールフェスタ 秋の陣」を火曜日に開催することになったら別ですが。そんなわけで、近くのテーブルの方に声をかけ、もらっていただくことにしました。いきなり知らないやつに声をかけられてびっくりしたと思いますが(笑)。

2時間にわたるイベントですが、あっという間に時間が過ぎてしまいました。今年も、もう終わりなのね。ぐすん。

そんな寂しげな店主を見てか、2人のナイスガイが店主のもとに集まってきてくれました。

画像


左の方は、広島・薬研掘の店内禁煙のビアスポーツバー「BEER STADIUM HIROSHIMA」の店主パッチさん。右の方は、島根ビール社長の矢野さん。スーツ姿を見るのは初めてですね。パッチさんとは昨年も隣同士でビールを楽しませていただきました。今年もおつきあいいただき、ありがとうございます。


さて、山陰地ビールフェスタ「表の部」は終わりましたが、このあとは「裏の部」も控えております。一昨年、打ち上げ会場に現れすに行方不明となっていた前科のある店主。ええ、あのときは、集合までにまだ時間があるからと、ホテルの部屋に戻ったのがいけなかったんですよ。打ち上げを楽しみにしていたのに、自分でもまさか、そのままベッドの上で朝まで爆睡していたとは思いもよりませんでしたからねぇ。

しかし、やはり荷物を置きに、そして荷物を取りに、部屋にもどった店主。だって、傘がないと困るし。用事を済ませてすぐにふたたび宴会場前のソファーに戻り、準備万端。店主も、やればできるんです。

打ち上げ会場は、ホテルから歩いてすぐの居酒屋さん。なんと、この居酒屋さんには大山Gビールが置いてあるではありませんか。贅沢な環境ですね!

画像


そういうわけで(どういうわけ?)、田村社長から直々に注いでいただきました。

ビールが全員にいきわたったところで、お疲れ様の乾杯!

画像


またもや、不自然にも大山Gのロゴをカメラに向けている者がおります。言うまでもなく、店主です。はい。

この後、お店の閉店まで盛り上がり、楽しい「裏の部」となったのでした。山陰ブルワーズクラブのみなさま、そして遠くから出店されたブルワリーのみなさま、今年も楽しいイベントをありがとうございました。

それにしても、こういうイベントって、やはりお客さんとして参加するのが一番楽しいよね(笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「今年も」山陰地ビールフェスタ in 米子に行ってきました! 新・西宮ビール文化普及委員会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる